上海のニュース 記事

高齢出産が増加 第二子出産希望で

上海市医学会婦産科分会は近頃、市の妊婦・産婦における35歳以上の割合が、2006~15年で全体の16・7%を占めたと発表。1996~2005年に比べ、約8%上昇したことがわかった。

また、市の妊産婦死亡率は10万人当たり3・01人で、全国平均の19・6人を大きく下回った。新生児死亡率は3・71%で、全国平均6・8%に比べ約半分だった。一方、一人っ子政策廃止後、第二子を望む1970年代生まれの女性の妊娠・出産が増加。専門家は、妊婦や新生児のリスク発生率は高まっていると指摘している。

~上海ジャピオン2018年8月3日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。