上海のニュース 記事

女児のマンホール転落事故 管理会社に80万元賠償命令

上海市長寧区にある上海市第一中級人民法院は7月27日(金)、女児がアパート敷地内のマンホールに落下し死亡した事故に関する裁判の控訴審を終了。アパート管理会社に対し60%の事故責任を認め、81万元余りの賠償を命じたことがわかった。

同事故は、今年1月に発生。アパート敷地内で遊んでいた3歳の女の子が、保護者の目が離れた数分のうちに、蓋をしていなかったマンホールに転落、溺死した。その後、幼児の両親がマンション管理会社に対し、事故の80%の賠償責任を求め、訴えを提起。第一審では20%の責任しか認められなかったため、控訴していた。

~上海ジャピオン2018年8月3日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。