立秋後も猛暑続く 週末は38度の予報

上海市を含む中国各地で8月7日(火)、立秋を迎えた。これに対し市気象局は、市では依然として猛暑が続き、9日(木)~10日(金)は最高気温が37~38度で推移すると発表した。
市では6日(月)、今年13回目となる、最高気温35度以上の高温日を記録。今年は気温上昇が例年より早く、5月16日(水)が今年初の高温日となった。同局は市民に対し、暑さ対策を行うとともに、突発的な豪雨など天気の変化にも注意するよう呼び掛けている。
なお、3日(木)に太平洋上で発生した台風13号〝サンサン〟は、市の天気に影響しない見込み。

 
~上海ジャピオン2018年8月10日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. デスクワークで肩凝り梅雨で気温や気圧が安定しないせいか、身体のだるさを感じ…
  2. ガラスの展望台、再びオレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅…
  3. 上海市黄浦区にある映画館「大光明電影院」が7月15日(月)、24時間営業を始めたことがわかった。…
  4. ~上海ジャピオン2019年7月19日発行号…
  5. 記憶力アップの秘訣――どうも最近、物忘れが激しくなってきたような気がします。…
PAGE TOP