上海のニュース 記事

今年3つ目となる台風上陸 北東の亜熱帯高気圧が原因か

浙江省温嶺市に8月12日(日)23時半頃、台風14号〝ヤギ〟が上陸。これで上海市を含む華東地区では、今年に入り、台風が3つ上陸したことになった。

市閔行区では同日、3時間に46・6㍉が降る大雨となった。また交通運輸部東海救助局は、東海上で故障した韓国船を安全な海域に移動させ、船員8人を救助したと言う。

統計によると、7月下旬から台風14号が上陸するまでの約3週間で、防災に関する検査を計2万7394回実施。専門家によると、同期間は亜熱帯高気圧が鍋のフタのように華北、東北エリアなどを広く覆っており、その影響で、台風12~14号が華東エリアに上陸した可能性を指摘している。

そのほか市防汛指揮部らによると、13日(月)2時過ぎに黄浦江の水位が4㍍96㌢を記録。警戒値の4㍍55㌢を超え、2013年10月以来の高水位となったことがわかった。

6_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年8月17日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。