上海のニュース 記事

配車サービスの苦情 滴滴が最多の70%

上海市交通委員会は、今年1~6月における配車サービスに対する利用者の意見をまとめたものを最近発表。そのうち、クレームが3330件で80・3%を占め、中でも配車アプリ「滴滴出行」に対するものが70・6%と最多だったことがわかった。

苦情の主な内容は、「予約ができない」、「乗車拒否」が最多で、「迂回運転」などが続いた。そのほか、配車アプリ業界全体の顧客満足度は45%だった。

~上海ジャピオン2018年8月17日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。