台風22号が広東省で猛威 高速鉄道や空の便が運休に

広東省江門市に9月16日(日)17時頃、台風22号〝マンクット〟が上陸。大雨による洪水で2人が死亡したほか、上海市を含む長三角エリアと珠三角エリアを結ぶ高速鉄道が同日と17日(月)に掛けて運休となった。

〝マンクット〟上陸時の最大風力は14級で、4日(火)に日本で猛威を振るった台風21号〝チェービー〟と同等の強さ。今年中国に上陸した台風の中で、最も威力のある台風となった。

この台風の上陸を受け、広東省や中国香港の各空港では16日(日)正午~17日(月)朝に掛けて、すべての便が欠航。また広東省各地でのべ300万人が避難を余儀なくされ、20万人が台風により何らかの被害に遭った。この台風による経済損失は、約2億元と推測されている。

なお上海市では台風の影響で、16日(日)~18日(火)ににわか雨を記録。中秋節の24日(月)までは、最高気温が26~32度で推移する見込み。

1_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年9月21日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP