上海のニュース 記事

音声認識型の自動発券機 行き先を告げると料金表示

上海市徐匯区の「上海南」駅に最近、音声認識型の自動発券機が登場。行き先や目的地を口頭で伝えると、約20秒で切符を購入できることがわかった。

この発券機は乗客が目的地を告げると、自動で運賃を算出。切符の枚数を選択し、「支付宝(アリペイ)」や微信支付、現金で料金を支払えば切符を購入できる。また券売機は市内各駅の駅名だけでなく、浦東新区の「東方明珠塔」や黄浦区の「外灘」など著名観光地も認識でき、各地点の最寄り駅と運賃を案内する。

この券売機は今後、「上海火車」駅や「虹橋火車」駅、「浦東国際機場」駅などにも設置予定。

 

~上海ジャピオン2018年9月21日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。