上海のニュース 記事

イケアが商品を自主回収 子ども向けランプが漏電

上海に3店舗を構える家具量販店「IKEA」を運営する宜家(中国)投資有限公司が近頃、同社の子ども向けウォールランプ3種を自主回収すると発表した。

対象となったのは、今年3月1日(木)~9月19日(水)に生産された、星型のランプ「スミーラ シェールナ」、月型の「スミーラ モーネ」、花型の「スミーラ ブロマ」。スイッチと電線の間に銅線が露出している可能性があり、触れると感電の恐れがあると言う。国内ではすでに5万個が流通しており、子ども2人がこのランプで感電する事故が発生している。

同社は国内の「IKEA」全店舗で、同商品の返品に応じている。

~上海ジャピオン2018年9月28日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。