上海のニュース 記事

スマホ利用の地下鉄乗車百万人 電気自動車の試験運用開始

上海市では最近、軌道交通の乗車時にスマートフォンなど移動端末を利用する人が、1日の乗客数の30%に当たる130万人を突破。うち「支付宝(アリペイ)」の利用者数が110万人に上ることがわかった。

ネット決済システム「支付宝(アリペイ)」を用いた乗車システムは今年1月に開始され、現在全国120の都市で運用。また上海申通地鉄集団有限公司は、自社アプリ「Metro大都会」に「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」の個人認証技術を採用し、安全性を高めていくと言う。

そのほかタクシー会社「大衆タクシー」は9月19日(水)、電気自動車「栄威Ei5」の試験運用を開始。車内スペースが拡大し、緊急停車や通報機能などを備えている。CO2排出がないうえ、ガソリン車と比べ燃費が77・5%上がる。1回の充電で走行できる距離は日中の総走行距離に相当する260~270㌔。10月1日(月)の国慶節までに50台を導入する予定。

6_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2018年9月28日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。