上海のニュース 記事

虹橋国際空港T1オープン 搭乗までの手続きが自動化

上海市閔行区にある虹橋国際空港で10月15日(月)、第1ターミナル(T1)がリニューアルオープン。無人の手荷物預けカウンターや自動出国ゲートが登場し、市民の注目を集めていることがわかった。

第1ターミナルでは国内線において、チェックインから手荷物預け、安全検査、飛行機搭乗までをすべて無人の機械やゲートで手続きするシステムを実現。同ターミナルにカウンターを構える航空会社「春秋航空」では同日午前のピークタイムで、2239人の乗客のうち約9割が同システムを利用したと言う。同社担当者は、各手続きの待ち時間が短縮したと話す。

~上海ジャピオン2018年10月19日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。