虹橋国際空港T1オープン 搭乗までの手続きが自動化

上海市閔行区にある虹橋国際空港で10月15日(月)、第1ターミナル(T1)がリニューアルオープン。無人の手荷物預けカウンターや自動出国ゲートが登場し、市民の注目を集めていることがわかった。

第1ターミナルでは国内線において、チェックインから手荷物預け、安全検査、飛行機搭乗までをすべて無人の機械やゲートで手続きするシステムを実現。同ターミナルにカウンターを構える航空会社「春秋航空」では同日午前のピークタイムで、2239人の乗客のうち約9割が同システムを利用したと言う。同社担当者は、各手続きの待ち時間が短縮したと話す。

~上海ジャピオン2018年10月19日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP