上海のニュース 記事

電動バイク事故 配送企業を指導

上海市安全生産監督管理局は10月11日(木)、配送会社やデリバリー会社など、業務上電動バイクを利用する企業を対象に、安全管理の指導を行うと発表した。

市の電動バイク保有台数は800台を超え、うち約80万台が配送会社やデリバリー会社が占有。2012年以降、電動バイクの火災事故が942件、死者37人、損失額は1億元近くに上る。死者数と損失額は、火災事故全体の10・3%と17・7%を占めており、安全性が危惧されていた。

~上海ジャピオン2018年10月19日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。