滴滴出行が安全面を強化 運転手をブラックリスト化

上海市などで配車サービスを運営するアプリ「滴滴出行」が最近、乗客の安全に関する機能をアップデート。トラブルがあったドライバーと乗客を、以後1年間マッチングさせない「ブラックリスト」など4つの機能が追加された。

同アプリのサービス「一鍵報警」では、乗客が有事の際、緊急連絡先にメッセージや電話連絡が届くほか、警察にも位置情報を提供。また行き先に学校などを指定した際は、乗客の年齢確認が必要となった。

なお市交通委員会らは最近、市内16社の配車サービス会社に対し、安全管理をさらに強化するよう要求している。

~上海ジャピオン2018年10月26日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP