上海のニュース 記事

滴滴出行が安全面を強化 運転手をブラックリスト化

上海市などで配車サービスを運営するアプリ「滴滴出行」が最近、乗客の安全に関する機能をアップデート。トラブルがあったドライバーと乗客を、以後1年間マッチングさせない「ブラックリスト」など4つの機能が追加された。

同アプリのサービス「一鍵報警」では、乗客が有事の際、緊急連絡先にメッセージや電話連絡が届くほか、警察にも位置情報を提供。また行き先に学校などを指定した際は、乗客の年齢確認が必要となった。

なお市交通委員会らは最近、市内16社の配車サービス会社に対し、安全管理をさらに強化するよう要求している。

~上海ジャピオン2018年10月26日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。