上海のニュース 記事

輸入博時に交通規制を実施へ 虹橋火車駅に顔認証ゲート導入

上海市青浦区の「国家会展中心」で11月5日(月)~10日(土)に開催される「中国国際輸入博覧会」まで1週間を切った。これを受け市公安局は、1日(木)~11日(日)における交通規制措置を実施すると発表した。

同期間の5時~22時は、市内における国道50号の両車線で貨物輸送車が通行禁止。また沪青公路~七莘路区間に交通規制エリアを設置し、クラクション使用を禁止するなどしている。

さらに、中国鉄路上海局集团有限公司は10月26日(月)、2・10号線「虹橋火車」駅に66台の実名制自動改札機を設置。利用者は顔認証でゲートを通過でき、1分間で10~15人が通れると言う。

そのほか市は最近、博覧会重点地域において屋外の看板2192カ所の撤去と83の建造物に対する修繕を実施。黄浦区の人民広場では、10月までに約3㌔に渡る架空配電線の地中化工事が完了した。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2018年11月2日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。