輸入博時に交通規制を実施へ 虹橋火車駅に顔認証ゲート導入

上海市青浦区の「国家会展中心」で11月5日(月)~10日(土)に開催される「中国国際輸入博覧会」まで1週間を切った。これを受け市公安局は、1日(木)~11日(日)における交通規制措置を実施すると発表した。

同期間の5時~22時は、市内における国道50号の両車線で貨物輸送車が通行禁止。また沪青公路~七莘路区間に交通規制エリアを設置し、クラクション使用を禁止するなどしている。

さらに、中国鉄路上海局集团有限公司は10月26日(月)、2・10号線「虹橋火車」駅に66台の実名制自動改札機を設置。利用者は顔認証でゲートを通過でき、1分間で10~15人が通れると言う。

そのほか市は最近、博覧会重点地域において屋外の看板2192カ所の撤去と83の建造物に対する修繕を実施。黄浦区の人民広場では、10月までに約3㌔に渡る架空配電線の地中化工事が完了した。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2018年11月2日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. デスクワークで肩凝り梅雨で気温や気圧が安定しないせいか、身体のだるさを感じ…
  2. ガラスの展望台、再びオレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅…
  3. 上海市黄浦区にある映画館「大光明電影院」が7月15日(月)、24時間営業を始めたことがわかった。…
  4. ~上海ジャピオン2019年7月19日発行号…
  5. 記憶力アップの秘訣――どうも最近、物忘れが激しくなってきたような気がします。…
PAGE TOP