上海のニュース 記事

華為の大型販売店舗が開店 南翔饅頭店がリニューアル

上海市閔行区の商業施設「愛琴海購物中心」に10月26日(金)、スマートフォンメーカー「華為(ファーウェイ)」の上海初となる大型販売店舗「華為智能生活館」がオープンしたことがわかった。

同店は山西省太原市店に続く2店舗目で、1400平米の2階建て。スマートフォンをはじめとする330種の商品を販売するほか、VR製品などの体験スペースを設置している。同社は昨年、年商の12・28%に当たる897億元を研究費につぎ込み、技術開発に力を入れていると言う。また同日は、AI技術を用いた最新スマホモデル「Mate20」及び「MateRS」の販売も開始された。

さらに、黄浦区の「豫園」内に構える小龍包店「南翔饅頭店」が同日、約7カ月の工事を経てリニューアルオープン。中国香港の著名設計師Alan Chan氏が、店内 の設計を担当した。同店は1900年創業の老舗店で、小籠包を中心に販売しており、早くも観光客で賑わっている。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2018年11月2日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。