緑地公園の一部を一般開放 市内にある公園の菊が見頃に

上海市緑化と市容管理局は、市で最大規模となる、普陀区にある「桃浦中央緑地」の一部エリアを11月3日(土)から一般開放したことを明らかにした。

今回一般開放されたのは、常和路―敦煌路―景泰路―桃恵路を囲む北部エリア14万5000平方㍍で、同緑地の敷地面積は将来的に100万平米にまで拡大する計画。園内北部は森林をテーマに、野草や芝など植生豊かな環境に整備する。また南部は、湖を臨むレストランや地下商業空間の開発を目指している。

さらに、同園は地形を活かして貯水機能を有するほか、湿地や噴水など山水一体の自然景観を楽しむことができると言う。設計は米・ニューヨークのセントラルパークと英・ロンドンのハイド・パークを参考にしている。

そのほか市では最近、菊が見頃を迎え、楊浦区にある「共青国家森林公園」や普陀区の「宜川公園」などでは来園客を楽しませている。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2018年11月9日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP