鉄道インフラに8000億元 長江デルタ都市間鉄道も視野

中国国務院办公庁は10月31日(水)、上海市を含む中国各地における「インフラ設備領域における補強強化ガイダンス」を発表。2018年の鉄道投資額が、8000億元を突破する見込みであることを明かにした。

同ガイダンスは鉄道や公路水運、空港、水力利用、エネルギーなど9大項目に言及。このうち鉄道について、中西部に重点を置き、高速鉄道の縦横プロジェクトの推進を加速し、エリア間における鉄道路線の連結を開拓する。上海市を含む長三角エリア、北京市や天津市などの京津冀エリアなどにおける都市間鉄道建設計画、国土開発性鉄道の建設も推進していく。

8_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2018年11月9日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP