鉄道インフラに8000億元 長江デルタ都市間鉄道も視野

中国国務院办公庁は10月31日(水)、上海市を含む中国各地における「インフラ設備領域における補強強化ガイダンス」を発表。2018年の鉄道投資額が、8000億元を突破する見込みであることを明かにした。

同ガイダンスは鉄道や公路水運、空港、水力利用、エネルギーなど9大項目に言及。このうち鉄道について、中西部に重点を置き、高速鉄道の縦横プロジェクトの推進を加速し、エリア間における鉄道路線の連結を開拓する。上海市を含む長三角エリア、北京市や天津市などの京津冀エリアなどにおける都市間鉄道建設計画、国土開発性鉄道の建設も推進していく。

8_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2018年11月9日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP