上海のニュース 記事

第1回輸入博覧会が閉幕 累計取引額は578・3億㌦

上海市青浦区の「国家会展中心」で6日間に渡って開催された「中国国際輸入博覧会」が、11月10日(土)に閉幕。期間中に成立した取引額が累計578億3000万㌦に上ったことがわかった。

同博覧会には、151の国・地域から3617の企業が参加し、570点余りの新製品や技術を展示・紹介。出展企業は日本が最多で、韓国、アメリカと続いた。トヨタは、自動走行機能を有し、車内に診療、散髪などが設置されたモビリティサービス(Maas)専用次世代電気自動車「e―Palette Concept」を紹介。また韓国企業の、5分間の充電で800㌔走行できる水素燃料自動車「NEXO」など、自動車展示ブースにおける取引額は119億9000万㌦だった。なお最多の取引額は、人工知能(AI)などのITブースで164億6000万㌦。

そのほか同期間中は、3600人余りのバイヤーが来場した。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2018年11月16日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。