〝95後〟大学生の就活に変化 新興分野の民営企業が人気

上海市の各大学では最近、大学生向けに就職活動を開始。2018年に卒業予定の〝95後(1995年以降生まれの人)〟の学生に人気の業種は、スマート製造、AI(人工知能)及びサービス業で、中でも民営企業が人気であることがわかった。

復旦大学で11月23日(金)に行った就職活動では、298社の企業が参加し、うち4分の1がAIやサービス業などの分野だった。また東華大学就業事務局責任者は、「今の学生は就職先を探す際、自分の好きな企業であるかどうかに注目している」と説明。このためAIやバイオ医薬、ハイエンド製造業など、戦略型の新興産業を選択する学生が多いと分析している。

さらに上海理工大学就業中心の主任は、「〝95後〟にとって、民営企業は寛大な雰囲気がある。彼らが求めるのは独立や個性であり、自由を愛する特徴がある」と分析する。なお昨年、同大学本科卒業生の民営企業就職率は、52%に上っている。

1_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2018年11月30日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  3. 説明しよう!「吃白飯(chi1bai2fan4)」は「タダ飯を食う、居候する」や「無…
  4. 配車サービスを運営する「滴滴出行」の相乗りサービス「順風車」が11月20日(水)、北京市や江蘇省常州…
  5. ウイスキーバーが開店多くの日本人出張者が滞在する「上海虹橋錦江大酒店」に1…
PAGE TOP