上海のニュース 記事

〝95後〟大学生の就活に変化 新興分野の民営企業が人気

上海市の各大学では最近、大学生向けに就職活動を開始。2018年に卒業予定の〝95後(1995年以降生まれの人)〟の学生に人気の業種は、スマート製造、AI(人工知能)及びサービス業で、中でも民営企業が人気であることがわかった。

復旦大学で11月23日(金)に行った就職活動では、298社の企業が参加し、うち4分の1がAIやサービス業などの分野だった。また東華大学就業事務局責任者は、「今の学生は就職先を探す際、自分の好きな企業であるかどうかに注目している」と説明。このためAIやバイオ医薬、ハイエンド製造業など、戦略型の新興産業を選択する学生が多いと分析している。

さらに上海理工大学就業中心の主任は、「〝95後〟にとって、民営企業は寛大な雰囲気がある。彼らが求めるのは独立や個性であり、自由を愛する特徴がある」と分析する。なお昨年、同大学本科卒業生の民営企業就職率は、52%に上っている。

1_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2018年11月30日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。