上海のニュース 記事

2年で商業施設が約30カ所増 映画興行収入が百億元突破

上海市では2016年、市の商業施設が29カ所開業、建築面積は203万6000平米増加。また17年には建築面積がさらに271万平米増えていたことがわかった。

市政府によると、都市人口に対する商業面積比において、国際平均が0・7~1・2倍であるのに対し、上海市が3・5倍に達したと報告。近年の商業施設の建設ラッシュにより、各施設の集客能力が低くなり、サービス力も高まらないことが危惧されている。

さらに、長寧区の「金虹橋商場」内に「万達上海金虹橋店」が最近オープン。同館では、サムスン電子社が開発した、映写機不要でLED基版が用いられたスクリーンを全6スクリーンで採用した。4K高画質と、従来の10倍の輝度で立体的な映像が楽しめる。

ほか、市に構える映画製作会社が手掛けた映画の年間興業収入が、10月31日(水)時点で100億元を突破。17年の興行収入49億元の倍以上を記録していることがわかった。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2018年11月30日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。