子どもの近視率 小中学生で57%

上海市眼病防治中心によると、2017年度における市の児童の近視率が、小学生で46・9%、中学生76・8%、高校生89・5%であると発表。小中学生では、約2人に1人の視力が不良であることがわかった。

近年、近視の低年齢化が進んでいることを受け、市政府は11月24日(土)、小中学生と保護者約1000人を対象に、目の健康をテーマとした屋外音楽イベントを実施。予防策として、野外で自然に触れ合うなど指導した。

~上海ジャピオン2018年11月30日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP