〝双12〟女性消費者が56% 購買力は20代が最多の36%  

「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が運営するオンライン決済サービス「支付宝(アリペイ)」主催の大型セール〝双12〟セールが12月12日(水)に、上海市を含む中国各地で開催。ショッピングサイトの利用者は上海市が全国1位だったことがわかった。

市はこの日、アプリからの注文数が12時間で800万件を超え、市内の買い物客は普段の1・5~2倍増加した。大手家電量販店「蘇寧易購」では、開店後数時間の売上げがピークとなり、女性消費者が56%を占めた。また消費は20代が36%を占め、30代、10代がそれぞれ30%、3%で、電子商品の人気が最も高かった。さらに「2017年中国女性消費調査報告」によると、既婚女性の半数以上が配偶者の収入を上回り、消費力は男性の2~4倍に達していた。

そのほか、市の食品売り場で最近、「人工知能(AI)」による精算機の導入が増加。昨年は1542カ所、今年は新たに500カ所に設置された。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2018年12月21日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP