走行中3万元落とす 落とし主未だ現れず

上海市普陀区交通警察によると12月4日(火)10時27分、同区真華路と富平路の交差点を走行中の電動バイクから、後ろに積んでいたカバンが開いてしまい現金3万元を落とし、そのまま走り去るという出来事があった。警察は、落とし主を捜索中。

当時現場は小雨が降っており、赤い雨具を着て走り過ぎる電動バイクの様子が交通監視カメラに映し出されていた。警察は交通誘導に当たったうえ、現場から計3万元を回収したが、この日落とし主は現れず、警察は速やかに届け出るよう呼び掛けている。ネット上では、「サンタクロースが来た」や「人を試しているのかもしれない」と、話題になっている。

5

~上海ジャピオン2018年12月21日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP