猛暑で急患続出 点滴に長蛇の列

 連日の暑さから、市内各病院の急患窓口を訪れる人が急増している。統計によれば、7月以降の急患窓口利用者数は、市内で528万人にのぼり、1日平均では17万人に達する。これは、去年の同時期と比べて11・80%増加しており、調査開始以来の最多記録となった。
 普陀区中心医院の急患窓口では、点滴の順番を待つ長蛇の列も見られた。また、患者に対し看護士の数が間に合わず、ひとりの看護士が1日115回の注射を行うケースもあった。
(8月6日)

~上海ジャピオン8月11日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP