上海のニュース 記事

市内各地で元日イベント開催 騰訊が顔認証支払いを開始

上海市内各地で2018年12月31日(月)~19年1月1日(火)に掛けて、新年を祝うイベントが実施された。

浦東新区の「東方明珠塔」では1日(火)、市民の健康増進を目的としたマラソン大会を実施。また、徐匯区の「上海龍華古寺」では18年12月31日(月)、108回の鐘が響く中、福禄寿や獅子舞の演出で、市民を楽しませた。

さらに、黄浦区のコンサートホール「凱迪拉克音楽庁」は、3月1日(金)から修繕工事のため閉鎖し、20年1月のリニューアルを予定していることを発表。歴史的建造物である同ホールは来年90周年を迎える。

ほか、大手ネット企業「騰訊集団(テンセント)」は19年1月から、閔行区の「上海七宝宝龍城市広場」で、QRコードで入店し、顔認証で支払いができるシステムを開始。このシステムにより、個人の消費傾向を分析しつつ、買い物の最適化を実現させると言う。

1_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年1月4日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。