黄山までの高速鉄道開通 金山鉄道の延長計画概要発表

中国鉄路上海局集団有限公司によると2018年12月25日(火)、浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ高速鉄道「杭黄高速鉄路」が開通したことがわかった。

同区間は全長265㌔、計9駅を含む。同路線開通により、上海市内から黄山までは2時間26分、杭州市、南京市からはそれぞれ、1時間26分、3時間24分と移動時間が大幅に短縮される。また、千島湖、黄山などの景勝地にもアクセスしやすくなった。

また同局は27日(木)、上海市金山区と浙江省嘉興市を結ぶ「金山鉄路」の延長計画において、駅地点など具体的な発表を行うことを明らかにした。

~上海ジャピオン2019年1月4日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP