上海のニュース 記事

高速鉄道に新型車両が登場 17両編成の復興号を導入

高速鉄道の新型車両、通称〝緑巨人〟ことCR200J型「復興号」が、旧暦の大晦日に当たる2月4日(月)から、上海市を含む長江デルタ路線にて運行を開始する。

時速160㌔の同列車は、9両編成タイプが座席定員720人、11~20両編成タイプは1102人。一方、中国鉄路総公司は1月5日(土)から、時速350㌔メートル、通常より長い17両編成の車両「復興号」を、全国ダイヤで導入することを発表。「北京南」―「上海虹橋」駅間の京沪高速鉄道にて初の運行を開始した。

同列車は中国高速鉄道史上最長の全長439・9㍍、座席定員は1283人。

 

~上海ジャピオン1月11日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。