高速鉄道に新型車両が登場 17両編成の復興号を導入

高速鉄道の新型車両、通称〝緑巨人〟ことCR200J型「復興号」が、旧暦の大晦日に当たる2月4日(月)から、上海市を含む長江デルタ路線にて運行を開始する。

時速160㌔の同列車は、9両編成タイプが座席定員720人、11~20両編成タイプは1102人。一方、中国鉄路総公司は1月5日(土)から、時速350㌔メートル、通常より長い17両編成の車両「復興号」を、全国ダイヤで導入することを発表。「北京南」―「上海虹橋」駅間の京沪高速鉄道にて初の運行を開始した。

同列車は中国高速鉄道史上最長の全長439・9㍍、座席定員は1283人。

 

~上海ジャピオン1月11日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP