燃油サーチャージ 国内線、続々無料化

上海市に本社を置く「中国東方航空」、格安航空会社(LCC)の「春秋航空」はともに1月5日(土)発券分から、国内線の燃油サーチャージを0元に調整すると発表した。

2019年に入り、雲南祥鵬航空、深セン航空、海南航空、大新華航空などが、相次いで国内線燃油サーチャージの無料化を発表していた。なお、1月5日(土)以前に購入した航空券に関しては、従来の規定通りの燃油サーチャージが加算される。

 

~上海ジャピオン1月11日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP