18年の上海市政府実事項目 満足度が最高の91ポイント

上海市政府は最近、「2018年度上海市政府実事項目」に対する市民の満足度が、前年比で0・11ポイント上回り、近年来の最高である91・02ポイントを獲得したと発表した。

満足度は市民によるインターネット投票、国家統計局上海調査総隊によるサンプル調査、市及び区の人民代表大会代表政協委員の書面評価の3つの方法によって評価されたもの。市政府は昨年、年間111億9000万元を投資し、10の分野に渡る31項目の具体的な処置を実施した。このうち、屋外労働者のための休憩所「愛心接力站」1000カ所の新設やウォーキング・ランニング専用道路「市民健身歩道」80本の新設、小学生向けサマーキャンプ「愛心暑托班」500カ所の開設、高齢者向けのサービス施設「日間服務中心」80カ所の新設などが高い評価を得ている。

ほか浦東新区の18年GDPが、初めて1兆元を超える見込みであることがわかった。

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン1月18日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP