上海のニュース 記事

玉仏禅寺で腊八粥振る舞う  深夜3時から長蛇の列をなす

上海市普陀区の「玉仏禅寺」で、旧暦12月8日の〝腊八節(五穀豊穣を祝う日)〟に当たる1月13日(日)、「腊八粥」が振る舞われ、早朝から大勢の市民が列を成した。

玉仏禅寺の山門前には同日、5000杯限定の「腊八粥」を求め、寒空の下、深夜3時から市民が並び始めた。寺の職員は半月前から準備を開始、当日は早朝5時から6つの大鍋で粥を炊き始めた。「腊八粥」には漢方を豊富に使用、吉祥祝福の意味が込められていると言う。

玉仏禅寺では2009年から毎年、腊八節当日に自家製の「腊八粥」を無料で振る舞うイベントを開催している。

 

~上海ジャピオン1月18日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。