上海のニュース 記事

世博文化公園上半期に着工 徐匯区センター工事が佳境に

上海市政府は、浦東新区に位置する上海万博の跡地「後灘江地区」で、2019年上半期に「世博文化公園」の工事に着工する予定であると公表した。
同計画では、4つの元万博会場を残す総面積188ヘクタールの同敷地内に、オペラハウスや馬術公園のほか、高さ48㍍の人工山「双子山」の建設などが盛り込まれている。市街地で自然に親しめる公園として、近代的風格と伝統的特色を兼ね備えた庭園造りを考案中と言う。なお市は、21年の一般開放を目指している。
そのほか徐匯区政府は最近、同区商業圏の重点施工計画を発表。総面積19万8400平方㍍、総建築面積94万平方㍍、高さ370㍍を有する商業施設「徐家匯センター」や、田林路の地下幹線道路の建設などを、今年上半期の完成を目指して工事が進められている。同区の18年地区総生産額は1670億元と、17年比で6・5%増加する見込み。

(写真は東方ネットより)
~2019年1月25日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。