上海移動通信受信感度評価 最も繋がりやすいのは商業圏

中国社会科学院、上海市政府上海研究院、電信科学技術第一研究所は1月17日(木)、合同で「2018年度上海市移動通信ユーザー受信感度評価報告」を発表。総合評価の平均が前年を0・65ポイント上回る97・51ポイントで、3年連続で前年を上回った。

場所別で見ると、最も評価が高かったのは著名な商業圏の99・15ポイント。一方、最も低かったのは軌道交通内の88・46ポイントだった。行政区別では、浦東新区、普陀区、虹口区の順で評価が高かった。

なお、平均データ転送速度は毎秒29・88MBで、前年比で19・2%上昇した。

~2019年1月25日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP