上海のニュース 記事

インフルエンザ流行期突入 小児科の外来・急診数が激増

上海市内の各病院では最近、急診者数が激増していることがわかった。

楊浦区にある新華医院によると、2018年12月20日(木)から小児科の急診が急増し、1日の平均外来患者数が32%増、急診数が30%増。19年1月15日(火)には、小児科急診が今冬最高の4675人に上った。市児童医院のデータによると、今年1月以降における1日の平均外来患者数は、前月比5・3%増の7724人、急診数も約7%増となっている。

中国国家流感中心は4日(金)、中国各地でインフルエンザ流行期に突入したと報告。一方、上海の状況は比較的平穏で、軽症患者が多いと言う。

(写真は東方ネットより)
~2019年1月25日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。