インフルエンザ流行期突入 小児科の外来・急診数が激増

上海市内の各病院では最近、急診者数が激増していることがわかった。

楊浦区にある新華医院によると、2018年12月20日(木)から小児科の急診が急増し、1日の平均外来患者数が32%増、急診数が30%増。19年1月15日(火)には、小児科急診が今冬最高の4675人に上った。市児童医院のデータによると、今年1月以降における1日の平均外来患者数は、前月比5・3%増の7724人、急診数も約7%増となっている。

中国国家流感中心は4日(金)、中国各地でインフルエンザ流行期に突入したと報告。一方、上海の状況は比較的平穏で、軽症患者が多いと言う。

(写真は東方ネットより)
~2019年1月25日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP