豫園エリアが春節モードに  恒例のランタンフェスも開幕

上海市黄浦区の「豫園」で1月21日(月)、春節(旧正月)イベント「2019豫園新春民俗灯会(ランタンフェスティバル)」が開幕。同日夕方に、ランタンが一斉に点灯され、来場客を楽しませた。
今年24回目を迎える同イベントは、「豫園」内の黄金広場、九曲橋広場、華宝広場に3大テーマエリアを設置。各所には今年の干支である「猪」(中国語でブタ)の大型ランタンをはじめ、上海城隍廟には魔除けの神の像のランタン、凝暉路、豫園老街などのメインストリートには十二支のランタンや中国の伝統祭日の民間風習をテーマとしたランタンなどが飾られ、中国らしい温かさを表現している。同園のイベントは17時半~、開催期間は2月14日(木)まで。
そのほか、イベントの一環として、外灘の「BFC外灘金融中心」では〝星光奇境〟をテーマとしたライトアップを開催している。

(写真は東方ネットより)
~2019年2月1日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP