クローンザルによる実験結果 中国科学院が科学誌に発表

中国科学院神経科学研究所研究員は1月24日(木)、英文総合科学誌の中国版『NSR(ナショナル・サイエンス・レビュー)』のウェブ版に〝クローンザル〟による研究結果を発表。遺伝子組換えにより体内時計(サーカディアン・リズム)を失くしたサルには、精神分裂症に似た症状が現れることがわかった。

同研究所では、ゲノム編集ツールと体細胞クローン技術を用いて、体内時計を消去したカニクイザル5匹を、2016年に誕生させていた。ヒト以外の霊長類モデルによる生体リズムと睡眠問題、精神疾患などの関連性の研究が画期的な効果をもたらすとみている。

 

~2019年2月1日発行号

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP