上海のニュース 記事

世界最大面積の上海天文館 年末竣工に向け基礎工事完了

上海市浦東新区に建設中の「上海天文館」で1月23日(水)、基礎工事が完成した。

臨港新城臨港大道と環湖北三路の交差点に位置する「上海天文館」は、建築総面積3万8000平方㍍。地上2階、地下1階の3フロアで、「青少年観測基地」、「大衆天文台」、「魔力太陽塔」などの付属建築物を合わせると、建築面積では世界最大規模の天文館となる。同館は、2019年末までの竣工を予定。

なお、18年末までの上海市の博物館数は131館。そのうち年間参観者数の最多は「上海科技館」の354万人、次いで「上海自然博物館」の218万人となっている。

 

~2019年2月1日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。