石庫門住宅の張園 立ち退き契約率97%

上海市静安区の住宅区「張園」で最近、住民の立ち退き契約率が97・15%に達した。

上海に現存する、19世紀中旬頃から建てられた中洋折衷の伝統的建築様式「石庫門」建築の中でも最大規模の張園は、昨年10月から立ち退きを開始していた。住民の移転が完了した後、建物保護のための補修・改造が行なわれる予定。

市では街道服務隊を設立し、今後1カ月、引き続き住民の移転手続きをサポートしていく。

 

~2019年2月1日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP