AIエレベーターが活躍 認知症女性を8分で救助

上海市虹口区市場監督管理局は最近、同区の老人ホーム内エレベーターに閉じ込められた女性を、機内の監視システムからの自動通報により救助した。

当時、認知症を患う90歳の女性が消灯後一人でエレベーターに入ってしまった際、機内のセンサーが異常を感知。通報機能によって、女性はわずか8分で救助された。同局は昨年8月から全市に先駆け、リアルタイムで機内の状況を360度無死角でモニターできるエレベーターを導入。さらに、液晶QRコードから各機のメンテナンス状況などを知ることもできる。現在市内に563台が設置され、今後も普及する見通し。

 

~2019年2月1日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP