上海虹橋駅に5G基地建設へ スマホの通信速度が12倍超

大手通信会社「中国移動」とスマートフォンメーカー「華為」は2月19日(火)、上海市閔行区に構える「上海虹橋」駅に、次世代通信規格「5G」のデジタルシステム(DIS)基地の建設を正式に開始したと発表した。

完工は、今年9月を予定。「5G」の通信速度は最大1・2Gbps(ギガ・ビット/秒)で、「4G」の約100Mbpsに比べ12倍以上の通信速度になると言う。これにより、同駅におけるスマートフォンの通信速度のほか、列車管理システムも向上する。

また両社は同日、5G技術を用いた配膳ロボットを同駅で披露した。

~上海ジャピオン2019年2月22日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP