外灘に快速クルーズ船が登場 観光スポットを30分で遊覧

上海市黄浦区の外灘で最近、30分で黄浦江沿いを遊覧する「快速クルーズ船」の運行が開始されたことがわかった。

同船は今までのクルーズ船に比べ、遊覧時間を約20分短縮。主要な観光スポットを周りつつ、チケット料金を安価に抑えたと言う。

遊覧コースは「金陵東路碼頭」を出発し、黄浦江を南下。「十六舗碼頭」で折り返し、再び「金陵東路碼頭」へ戻る。30分間のクルーズでは、外灘や陸家嘴エリアの金融街など、黄浦江沿いの景観を楽しめる。営業時間は毎日11時~22時で、日中は1時間に1回、夜間は30分に1回運行。料金は日中が1人60元、夜間が80元となっている。

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2019年2月22日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP