ゴミ分別新条例7月から施行 個人の罰金最高額200元

上海市政府は1月31日(木)、ゴミ分別に関する新条例「上海市生活垃圾管理条例」を可決。7月1日(月)から同条例を施行すると発表した。

同条例では乾燥ゴミ、湿ったゴミ、リサイクルゴミ、有害ゴミの「四分法」に基づきゴミを分類することを明記。湿ったゴミには食品や植物など、腐敗しやすいものを含む。またゴミ分別の管理者は、居住区や公共エリアなど場所に応じて指定する。

個人がゴミ分別を行わなかった場合は最高200元、組織や団体など管理者の場合は最高5万元の罰金を徴収。また飲食店・デリバリースタッフが使い捨て箸を過剰に提供した場合や、宿泊施設が使い捨て日用品の提供をやめない場合、500元以上5000元以下の罰金となる可能性がある。

ほか、黄浦区の居住区「保安坊」では2月22日(金)、ICカードを用いたスマートゴミ箱「智能垃圾分類系統」を設置。居住者は、カードを使ってゴミ箱を開錠し、ゴミを捨てる。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年3月1日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP