華為が折り畳みスマホを発表 ダフ屋が10万元で転売も

上海市を含む全国各地に店舗を構えるスマートフォンメーカー「華為(ファーウェイ)」は2月24日(日)、折り畳み式スマートフォン「Mate X」の年内発売を発表した。

同製品は、メモリ8GB、ディスク容量512GBを有し、1Gの動画を3秒でダウンロードできる次世代通信規格「5G」に対応。価格は1万7500元の予定だが、フリマアプリ「閑魚」では、購入した商品を高値で転売する〝黄牛(ダフ屋)〟が、10万元の値を付け話題になっている。

そのほか、韓国の「サムスン電子」も最近、同スペックの新型機種「Galaxy S10」を発表している。

~上海ジャピオン2019年3月8日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP