上海のニュース 記事

華為が折り畳みスマホを発表 ダフ屋が10万元で転売も

上海市を含む全国各地に店舗を構えるスマートフォンメーカー「華為(ファーウェイ)」は2月24日(日)、折り畳み式スマートフォン「Mate X」の年内発売を発表した。

同製品は、メモリ8GB、ディスク容量512GBを有し、1Gの動画を3秒でダウンロードできる次世代通信規格「5G」に対応。価格は1万7500元の予定だが、フリマアプリ「閑魚」では、購入した商品を高値で転売する〝黄牛(ダフ屋)〟が、10万元の値を付け話題になっている。

そのほか、韓国の「サムスン電子」も最近、同スペックの新型機種「Galaxy S10」を発表している。

~上海ジャピオン2019年3月8日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。