上海のニュース 記事

電動乗り物の走行禁止 罰金最高額500元

上海市交通警察は3月3日(日)、電動バランスカー、キックボード、一輪車などの電動乗り物で公共の道路を走行した場合、罰金100元を、二度目以降の摘発で罰金500元を科すことを発表した。

交通警察によると、電動乗り物は最高時速60㌔に達するものもあるが、ブレーキ機能が完全ではなく、非常に危険だと言う。これらの乗り物は、私道や室内でのみ利用を許可している。

なおスケートボードやローラースケート靴などで公共道路を走行した場合は口頭注意となるが、三度目以降の摘発では罰金50元が科される。

~上海ジャピオン2019年3月8日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。