セルフレジ浸透 客の半数以上が利用

上海市内の大型スーパー「ウォルマート」や「カルフール」では最近、セルフレジを利用する顧客が半分以上を占めていることがわかった。

「ウォルマート」では、「微信(We Chat)」のミニプログラムを用いた決済システムを導入し、ユーザーは2018年末時点で2000万人を突破。商品のQRコードを読み込み、オンライン決済で支払いを済ませることができると言う。同店関係者によると、セルフレジの導入によって、レジの混雑が解消されただけでなく、ホットスナックや飲料水などの〝コンビニ向け商品〟の販売数が伸びたと話す。

~上海ジャピオン2019年3月15日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP