上海のニュース 記事

セルフレジ浸透 客の半数以上が利用

上海市内の大型スーパー「ウォルマート」や「カルフール」では最近、セルフレジを利用する顧客が半分以上を占めていることがわかった。

「ウォルマート」では、「微信(We Chat)」のミニプログラムを用いた決済システムを導入し、ユーザーは2018年末時点で2000万人を突破。商品のQRコードを読み込み、オンライン決済で支払いを済ませることができると言う。同店関係者によると、セルフレジの導入によって、レジの混雑が解消されただけでなく、ホットスナックや飲料水などの〝コンビニ向け商品〟の販売数が伸びたと話す。

~上海ジャピオン2019年3月15日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。