上海のニュース 記事

春の鉄道利用1日206万人 市近郊や黄山への旅行が人気

中国鉄道局は近頃、上海市を含む長三角エリアにおいて、3月16日(土)~4月9日(火)までの高速鉄道利用客が、昨年より6・7%多い、のべ5150万人に達する見込みであると発表した。

期間中の1日平均乗客数はのべ206万人で、清明節に当たる4月5日(金)は、のべ292万人と予想。同局は、市から蘇州市や無錫市、杭州市から黄山市までの列車の便数を増やすなどして、対応に当たるとしている。

同局は春の旅行について、市近郊へ行く人が多いと説明。特に昨年、杭州市と黄山市を結ぶ鉄道路線が開通したことから、黄山市近辺の人気が高いと話す。

~上海ジャピオン2019年3月22日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。