上海のニュース 記事

3・15消費者デーの特別番組 銀聯カードの窃盗行為を指摘

中国中央テレビ(CCTV)は「国際消費者権利デー」の3月15日(金)、毎年恒例の特別番組「3・15晩会」を、上海市を含む全国各地で放送。中国の銀行カードである銀聯カードのNFC非接触型決済機能「閃付(QuickPass)」に関し、モバイルPOS端末を利用した窃盗行為があることを指摘したことがわかった。

「3・15晩会」によると、同機能は1000元以下の買い物で、パスワードを入力せずに支払いを済ませられるため、利用者が被害を受けやすいと報道。これを受け、銀聯カードを発行している中国銀聯股份有限公司は16日(土)、声明を発表。指摘を受けた窃盗行為は、1000万分の2の確率でしか起こらない〝ごく稀なケース〟だとし、仮に盗難被害を受けても原則的に全額を補償しているとした。

同番組ではほかに、AIロボットが、1つの電話番号で5000件以上の迷惑電話を掛けていることなどを明らかにした。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年3月22日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。