春季合同就職説明会を実施 AI分野の新職種も登場へ

上海市教育衛生工作委員会らは3月27日(水)、浦東新区の「上海第二工業大学」で「2019年高等教育機関卒業生及び少数民族卒業生春季校内就職説明会」を開催した。

今回の就職説明会では、製造業やIT、サービス業など職種が多岐に渡り、〝世界500強〟、〝中国500強〟にランクインする企業「上汽集団」や「中国銀行」をはじめとする1100社余りの有名企業が出展。計4万人分の求人情報を提供した。また、2万人余りの少数民族出身の卒業生も参加した。

さらに、人材紹介アプリを運営する企業「BOSS直聘」は22日(月)、楊浦区の「復旦大学」でキャリア講座を実施。ビッグデータを活用した就職状況のデータ分析、各業界の人材募集状況などを紹介した。同社の関係者によると近年、ビッグデータ・クラウドシステムエンジニアなど、AI(人工知能)に関する新しい職業15種が登場していると言う。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年4月5日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP