賃貸価格が10%増 借家暮らしは半数

上海市を含む中国各地で最近、賃貸物件価格が、昨年比で5~10%上昇していることがわかった。

春節休暇明け以降、転職に伴い引っ越しをした20~30代の労働者が好む長期賃貸型と、学校付近の物件を中心に人気が集中。また、オフィスワーカー層が占める借家生活者は全国で45・1%となり、都市別では広東省深セン市、北京市、上海市でそれぞれ、68・8%、58・6%、57・3%を占めた。若年層のオフィスワーカーが住宅購入を希望せず、長期の賃貸契約を選択する傾向にあることが、賃貸価格上昇に繋がったと言う。

~上海ジャピオン2019年4月12日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP