賃貸価格が10%増 借家暮らしは半数

上海市を含む中国各地で最近、賃貸物件価格が、昨年比で5~10%上昇していることがわかった。

春節休暇明け以降、転職に伴い引っ越しをした20~30代の労働者が好む長期賃貸型と、学校付近の物件を中心に人気が集中。また、オフィスワーカー層が占める借家生活者は全国で45・1%となり、都市別では広東省深セン市、北京市、上海市でそれぞれ、68・8%、58・6%、57・3%を占めた。若年層のオフィスワーカーが住宅購入を希望せず、長期の賃貸契約を選択する傾向にあることが、賃貸価格上昇に繋がったと言う。

~上海ジャピオン2019年4月12日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP