上海のニュース 記事

賃貸価格が10%増 借家暮らしは半数

上海市を含む中国各地で最近、賃貸物件価格が、昨年比で5~10%上昇していることがわかった。

春節休暇明け以降、転職に伴い引っ越しをした20~30代の労働者が好む長期賃貸型と、学校付近の物件を中心に人気が集中。また、オフィスワーカー層が占める借家生活者は全国で45・1%となり、都市別では広東省深セン市、北京市、上海市でそれぞれ、68・8%、58・6%、57・3%を占めた。若年層のオフィスワーカーが住宅購入を希望せず、長期の賃貸契約を選択する傾向にあることが、賃貸価格上昇に繋がったと言う。

~上海ジャピオン2019年4月12日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。