浦東国際空港でシャトル完成 9月からターミナル間を運行

上海市浦東新区の浦東国際空港で、現在建設中のサテライトターミナル「衛星庁」と各ターミナルを結ぶシャトルが、最近試験運行段階に入ったことがわかった。

このシャトルは6両編制で、サテライトターミナルS1と第1ターミナル、S2と第2ターミナルを結び、走行区間はそれぞれ約700㍍。ピーク時には、1時間でのべ9000人を運搬すると言う。車内に座席は設けず、手すりやスタンションポールを多数設置することで、乗客の負担を減らす。

「衛星庁」は、今年9月にオープン予定。これにより、同空港の年間利用客はのべ8000万人を見込んでいる。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年4月12日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP