上海のニュース 記事

浦東国際空港でシャトル完成 9月からターミナル間を運行

上海市浦東新区の浦東国際空港で、現在建設中のサテライトターミナル「衛星庁」と各ターミナルを結ぶシャトルが、最近試験運行段階に入ったことがわかった。

このシャトルは6両編制で、サテライトターミナルS1と第1ターミナル、S2と第2ターミナルを結び、走行区間はそれぞれ約700㍍。ピーク時には、1時間でのべ9000人を運搬すると言う。車内に座席は設けず、手すりやスタンションポールを多数設置することで、乗客の負担を減らす。

「衛星庁」は、今年9月にオープン予定。これにより、同空港の年間利用客はのべ8000万人を見込んでいる。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年4月12日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。