AI技術を学校や医療に応用 22の企業がシステム開発へ

上海市経済和信息化委員会は4月26日(金)、市内の学校、病院、役所など12カ所において、AI技術を投入した新しいシステムを開発することを発表した。

同システムでは、大手ネット会社「百度(バイドゥ)」や「騰訊集団(テンセント)」、「マイクロソフト」を筆頭に、通信会社「上海移動」や「上海電信」、自動車メーカーの「上汽集団」など22の企業が連携を取り、開発を進める。AI技術を用いた子ども向け授業で、自習効果を高める試みや、緊急医療において、4000以上の症状を即座に診断できるサービスなどの導入・実用化が期待されている。

~上海ジャピオン2019年5月3日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP