チマキの販売開始 甘味のものが登場

上海市内の各老舗店は、6月7日(金)の端午節を前に「粽子(ちまき)」の販売を近頃開始した。

今年は、伝統的な豚肉入りチマキとともに、若年層をターゲットにした甘い味付けのものが登場。老舗点心店「杏花楼」では、モチゴメにサトイモ、クリ、ムラサキイモ、サツマイモ、アズキを合わせた「五色福礼粽」や、ドリアンを使った「榴蓮班戟迷你涼粽」を販売し、オフィスワーカーの午後のおやつに食べられることを想定していると言う。ほか黄浦区南京東路沿いにある「新雅粤菜館」では、塩漬け卵「咸蛋」を入れた「双黄毛猪肉粽」などが人気を博している。

~上海ジャピオン2019年5月10日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP