上海のニュース 記事

チマキの販売開始 甘味のものが登場

上海市内の各老舗店は、6月7日(金)の端午節を前に「粽子(ちまき)」の販売を近頃開始した。

今年は、伝統的な豚肉入りチマキとともに、若年層をターゲットにした甘い味付けのものが登場。老舗点心店「杏花楼」では、モチゴメにサトイモ、クリ、ムラサキイモ、サツマイモ、アズキを合わせた「五色福礼粽」や、ドリアンを使った「榴蓮班戟迷你涼粽」を販売し、オフィスワーカーの午後のおやつに食べられることを想定していると言う。ほか黄浦区南京東路沿いにある「新雅粤菜館」では、塩漬け卵「咸蛋」を入れた「双黄毛猪肉粽」などが人気を博している。

~上海ジャピオン2019年5月10日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。