チマキの販売開始 甘味のものが登場

上海市内の各老舗店は、6月7日(金)の端午節を前に「粽子(ちまき)」の販売を近頃開始した。

今年は、伝統的な豚肉入りチマキとともに、若年層をターゲットにした甘い味付けのものが登場。老舗点心店「杏花楼」では、モチゴメにサトイモ、クリ、ムラサキイモ、サツマイモ、アズキを合わせた「五色福礼粽」や、ドリアンを使った「榴蓮班戟迷你涼粽」を販売し、オフィスワーカーの午後のおやつに食べられることを想定していると言う。ほか黄浦区南京東路沿いにある「新雅粤菜館」では、塩漬け卵「咸蛋」を入れた「双黄毛猪肉粽」などが人気を博している。

~上海ジャピオン2019年5月10日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP